読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身につけるもの 100

持ち物と身につけるものの、ささやかな記録

旅のコーデと4月に買ったもの

4月28日から5月5日までカナダにいってきました。
向こうは朝晩の温度差がかなりあると聞いたので、冬物メイン。
私は荷物をとにかく減らしたい、重いものは持ちたくない、なんなら旅先で捨てていい、という考えなので、周りからえー、それだけ?と言われることが多い。
トップス
f:id:sakofu:20160508075633j:image
アウターとボトム
f:id:sakofu:20160508075635j:image
これで1週間をのりきりました、
8点中3点がユニクロ。いざとなったら洗えばいいや(よくシミをつけるので)と思い、最小限にしウールだけでなくコットン素材も多めにしました。

最初の4日間
f:id:sakofu:20160508080446j:image
機内では極力締め付けないように、ワンピースにタイツで。
翌日からはひたすら防寒重視のスタイルに。

後半3日間とプラス1日
f:id:sakofu:20160508080501j:image
東京に戻ったら、とにかく暖かくびっくり。5月は初夏だったと思いました。
右下の一枚は5月6日の通勤コーデ。アウターはguのロングカーデを着ていました。

やっぱり8枚あれば1週間かぶらない服装ができる(今回は最終日が被ってるけど)、改めて思いました。
アウターが同じなのと、組み合わせ可能な8枚を選ぶので、全体的に落ち着いた色とデザインになり、面白くないなぁ。

そして4月に買ったもの
f:id:sakofu:20160508082038j:image
喪服を着る時に、今まで黒いスーツの下はユニクロの黒の長袖カットソーを着てたのですが、どうも喪服の下はニットやカットソーは不可ときき、あわててスタイルデリで買い足した一枚。袖のヒラヒラと黒の組み合わせから、同僚に魔女?と言われる。うん、いいよ、なんでも。

そして似たような白。黒を買う予定がなかったので、かぶってしまいました。
繊細なレースと、テロっとした感じが今の気分にはあっているからいいんだ。これはマルティニーク。高級品なので、できるだけ汚さないように着なくちゃ。

1990円になってたので、ニヤリとして買いました。サイズはMです。
できるだけ余計なデザインが入っていないシャツがよくて、胸の部分の三角の切り替えとか、ないものを1年くらい探してました。このお値段でサイズも着丈もちょうどよくて、UNIQLOバンザイ。

最後の一点はまたもスタイルデリ。
旅行用の斜めがけできるものとして買いました。軽いし、デザインはかわいいし、皮だけど一万円程度とおトク、と思ったのですが、とにかく謎の粉がすごい落ちてくる!!
サイトにも注意が書いてあったけど、黒い服だと粉が目立ちすぎ!まさかのカナダのH&Mでコロコロを買う羽目に。
夏用だ、夏に使えば金の粉は目立たないぞ、と言い聞かせています。旅行にぴったりサイズで、今回本当に重宝しましたが。

カナダは街がきれいで、人があたたかくて、本当にステキなところでした。たくさん親切にしてもらったので、私も誰かに親切にしたいなぁ。