読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身につけるもの 100

持ち物と身につけるものの、ささやかな記録

2月のスタメン

ボトムス2月は毎年一番寒い気がするので、スタメンもニットばかりに絞り込んでみました。

トップス

f:id:sakofu:20170205213135j:image

ベージュのVニットは、カミソリで毛玉を取ることに成功。以前こちらのブログをみて、試してみました。リスクは伴うけど、確かにキレイになります。

*毛玉のおはなし*|STYLE DELI オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

ボトムス

f:id:sakofu:20170205213244j:image

 6枚でシンプルに。

 

アウター

f:id:sakofu:20170205213348j:image

こちらは変わらず安定感あるスタメンたち。合計19枚で、短い2月を乗り切る予定。

 

1月に買ったもの

f:id:sakofu:20170205213437j:image

すべてセール品。カーディガンは、エルフォーブルというブランドで70パーセントオフに。どうやらブランドごとやめてしまうらしく、叩き売り状態でした。好きだったので、かなしい。でも、最後にいいカーディガンを安く買えたのはよかったです。パンツとネックレスはバンヤードストームで。去年の夏のセールでもパンツを買いました。休日用のニット帽はアルアバイルのもの。

 

1年前のスタメンはこんな感じでした。

2月のスタメンは18枚 - 身につけるもの 100

 

手放したもの

f:id:sakofu:20170205213648j:image

お買い物同行してもらったザラのプリーツスカートと、夏に買ったプリーツスカート。とにかくおしゃれなんだけど、アウターと色が合わせにくい。ゴールドのプリーツスカートまで買ってしまったので、潔くゴールド1枚に絞ることにしました。

そして今シーズン買った無印のロングカーディガン。毛玉がすごくて、これより質のいいエルフォーブルのカーディガンをお安く購入できたので、乗り換えてしまいました。

 

なんとなく欲しいとか、迷ってこのへんでいいかなと買ったものは、もっと欲しいものができると、ついそっちを着てしまいます。着なくなると、フリマアプリに頼ってしまうのも、なんだか恥ずかしいので、欲しいものができたときほど、待って考えないとうまくいかないかも。

 

前に読んだエッセイで、「待つことのできない人に恋は贅沢というけれど、これはファッションにも当てはまるかも」というのがあって、ふと思いましました。

 

すごく欲しかったものも、ちょっと待って、他に欲しいものがでてきたりすると、それほどじゃなくなったりするので、今年の買い物は「待ち」姿勢で行こうと思いました。(去年と一昨年の爆買いで相当ベースは固まってるし。)

 

セールまで待ってみたら、結構いい買い物ができました。一万円以上だと、定価で買うにはちょっと迷ってしまうお値段。でもセールまで待てば(着られるシーズン短くなっちゃったけど)自分にとっての適正価格になりました。