読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身につけるもの 100

持ち物と身につけるものの、ささやかな記録

冬の着るもの(2月の終わりと3月1週目)

そろそろ春かなー、まだかなー。年度末になってきて、ザワザワする職場の雰囲気を鼻先で感じながらの一週間のコーデ。

 

月曜日

f:id:sakofu:20170305113736j:image

手編みニット(祖母作)のぬくぬくコーデ。ヒートテック着てたら、耐えられなかった。普段あんまり着ないけど、厚手のニットて、かなりあったかい。来年の冬用に今年の1月中旬にお願いしたのに、もう届いた。「まだ着られるなんて、そっちは寒いのねぇ」と言われたけど、こっちも着たらギリギリ着られるレベルだった。

 

作ってもらったニットのキットはこちら

三國万里子さんのお店 Miknits 2016 - ほぼ日刊イトイ新聞

 

火曜日

f:id:sakofu:20170305114120j:image

ヒールに挫折。

 

水曜日

f:id:sakofu:20170305114214j:image

この冬の定番スタイル。標題「どこも締め付けておりません。」

 

木曜日

f:id:sakofu:20170305114315j:image

困ったら、シマシマ。「どこも締め付けておりません2」

 

金曜日

f:id:sakofu:20170305114436j:image

全身ベージュの思い切ったコーデ。なにか閉めなくちゃと、スカーフを巻く。意外と同性には好評(よかったのか。。)ワントーンコーデ。

 

締め付けない服装が楽になったのはいつからだろう。学生の頃はガリガリに痩せていて、それがとにかくコンプレックスで、細いサイズが入ることだけがいい点だった。ボトムには困らなかったけど、トップスは貧相な体型カバーが難しく、あまり似合わなかった。

 

年と共に下半身にボリュームがでてきてしまい、ボトムに気を使う。唯一自慢だった細さは消えつつある。でも全体的に丸くなったことで、あんなに苦慮していたトップス問題は、ほとんど気にならなくなった。

 

両方いい感じにクリアできてた時期もあったんじゃないかと思うけど、思い出せない。なんとなく残念。けど、大体なんでも後から思うことだから、気づかないものかな。

 

とりあえず、春服も欲しいけど、靴をなんとかしないといけない。